希望のドメインが取れない時の究極裏技

ホームページを作成する際に必要なものの一つ「ドメイン」
たかがドメインと言えど、会社のホームページのURLやメールアドレスになるため、一度決めた後は変更しづらく、できるだけ希望するドメインを取得したいですよね。

しかしドメインは、早い者勝ち!
同じドメインは2つと無いため、希望するドメインを他の人が使用している場合は取得がむづかしいことも多々あります。

そんな時にできるだけ希望のドメインに近いものをとるためのおすすめの裏技をご紹介します。

「株式会社ORANGE」のorange.comでドメインを取りたい・・・けどorangeは埋まってしまっている・・・を例にご紹介します。

付属情報をつける

取りたいドメインが取得できない時は希望ドメインに付属情報をつけて取得可能か挑戦してみましょう。

会社なら会社を表す英単語や、業務に関する単語などを追加するのが定番です。

会社のドメインにおすすめの単語
co 、company(会社)
ltd. 、 limited(有限責任)
Inc、Incorporated (法人企業)
corp、 corporation(株式会社)

ハイフンを追加

ドメインが取れない時の対策としてメジャーなのはハイフンを入れることです。
「o-range」「orange-company」など途中で-を入れてみたり、上記で紹介したように単語をハイフンで繋いでみてしっくりくるドメインを探してみましょう。

それでもドメインが取れない場合「ハイフンを2つ連続させる」ととれる確率が上がります。

orange-companyで取れなかったら「orange–company」は取れるか試してみてください。
ドメイン取得サイトによってはハイフンの連続が認められないところもありますのでご注意ください。

企業・会社サイト
コンテンツマーケティングに
最適のテーマ


詳しく見る